instinct AMBITION 4.5L 仕様説明

取り扱いを開始して大人気のinstinct-インスティンクト-。
サイズ展開はメンズレディース共通かつサイズ展開も無い1サイズのみで、ポケットやドローコードが多く使い方がユーザーに託されている感じのザックなので、基本的な使い方を説明していきます。

今回は一番小さいサイズの4.5リットルを説明していきます。

ワンサイズ大きいEVOLUTION 7リットルの記事も書いておりますので、サイズで悩まれる際は参考にしてください。

フロントボトルポケット

一番使用頻度の高いフロントのボトルポケットから解説していきます。
このポケットには500〜600mlくらいのボトルやソフトフラスコが収納できるようになっています。

ハードボトルとソフトフラスコを入れてみます。
ハードボトルは愛用者の多いオスプレイのボトルを入れましたがジャストサイズです。
同様の太さのフラスコも問題なく収容できますね。

対してサロモンなどによくある細長めのソフトフラスコだと頭が飛び出てしまします。

平置きするとこんな感じです。

いずれもポケットの幅が広めなのでドローコードをしっかり絞って揺れないようにしておきましょう。
特に細長いフラスコを入れる場合はドローコードの絞ったあまり部分をフラスコのキャップの窪みなどに引っ掛けておかないとフラスコが暴れてしまいます。

ちなみにショートレースでボトル一本しか使わないという場合はスマホも余裕で収納できます。
iPhone13 Pro Maxも収納できるのでほぼほぼのスマホは収納できるかと。

フロントボトル下ポケット

まず、ポケットの左下は縦方向に2つのポケットがあります。

どちらかにジェルやバーなどの補給食を入れて、どちらかにそのゴミを入れる。
スマホや折りたたんでジップロックなどに入れた紙地図を入れる。

などなど、使い方は様々ですがスマホを入れてみるとこんな感じになります。

画像ではiPhone13にケースをつけた状態で収納してみてます。
上側は深さはちょうど良いですが、下側は頭が飛び出るのでスマホを入れるなら上側ですね。

ドローコードやファスナーはついていないので細身の人で荷物をあんまり入れていない状態だとスマホが飛び出すこともありそうです。

ただ、ボトルを入れるといい感じに蓋をしてくれる様にポケットの上にかぶさってくるので落ちることはまず無いと思います。

スマホをポケットに入れる際は画面は外側に向けて収納する様にしましょう。
内側に収納すると汗で画面が反応し、カメラやライトが勝手に反応して誤作動を起こし、思わぬバッテリー消費につながってしまいます。
滝汗をかく時期はなるべくジップロックなどの防水ケースに入れた方が安心です。

右下のポケットは上部からと側面からとアクセスできるポケットがそれぞれ1個ずつの合計2個ついています。

縦方向に入るポケットは左側のポケットと場所は同じですが、若干深さが浅いのでiPhone13 Proを入れると少し頭が飛び出ます。
ボトルを入れるとスマホが押される感じで窮屈さを感じるのでこちらのポケットにはスマホは入れない方が良さそうです。

ファスナー付きの方はさらに小さめなのでスマホはもちろん無理。
落としたら困る車の鍵などを入れるか、頻繁にアクセスしない貴重品などを入れておくと良いかなと思います。

フロントボトル上ポケット

ボトルポケットの右上に小さなポケットがついており、その中にはホイッスルが装備されています。

このポケットにはジェルなどの補給食も入れられますが、GPS端末のIBUKIがシンデレラフィット。
個人契約で携帯している人はもちろん、西日本の大会では選手の位置補足用に受付時に配られることも多いので、IBUKIがスポッと納まるのは嬉しいです。

ただ、このサイズにはファスナーがついていないのでしっかり収納しないと落としてしまうこともあるので注意しましょう。
※10リットル以上のサイズからファスナーがついています。

バックポケット上部

バックポケットは大きく2つあるのでそれぞれ解説していきます。
まずは黄色い部分のポケット。

こちらは主にレインウェアやウィンドシェルを入れて頂くポケットになります。
下の写真のようにバックルのオスメスとフックがついています。
黄色のネットポケット部分にウェアを入れて、メスのバックルをフックに通してオスのバックルと結合させてウェアをポケットから飛び出さないように固定します。

コンパクトにまとまるウェアなどはドローコードを引くとよりしっかり固定できます。

ウェアがそこまでコンパクトにならないタイプの場合は、フックは無理なのでドローコードのみでも固定できます。

バックポケット下部

バックポッケットの下部は「instinct」の文字部分がメッシュポケットになっており上から荷物を出し入れできます。
出し入れする部分が拳が入るくらいの大きさなので、レース中にアクセスするにはザックを下ろすしかありません。
なのでエマージェンシーキット系の緊急時に必要になる使用頻度が低いものを入れておいた方が良いでしょう。

横幅は左右のドローコードが通っているカシメまであるので意外と広いです。

ストック固定

ストックの固定方法は3通りです。

まずはフロント両サイドに固定する方法です。
ボトルポケットの両サイドと両左右の下部ポケット側面にドローコードがついているので、それぞれポールを通して装着します。

ポールを通したらドローコードをしっかり引いて固定しておきましょう。

次に背面の下部に取り付ける方法。

「instinct」の文字の両サイドにドローコードがあるので、それぞれにポールを通します。
ポールを通したらドーローコードをしっかり引いて固定。

最後に背面上部に差し込む方法です。

背面の上部ポケットには黄色のネットポケットとは別で、背中の面側にもう一つ深いポケットがあります。
一般的なザックではここにはハイドレーションを入れるのですが、このザックは両サイドがえぐれている構造なのでハイドレーションは入れられません。

その代わり下の写真の様にポールを差し込む事が可能になります。

荷物がパンパンに入っているとポールが背中に当たるでしょうが、荷物が少ないと意外と当たりもそこまで気になりません。

サイズ調整方法

サイズ調整は2箇所で行います。

まずは下記写真のようにフロントのベルトにて締め具合と高さが調整できます。

次に下記写真の様に両側面のドローコードで調整するのですが、赤丸部分がサイズ調整用のドローコードになります。
ポールを固定するドローコードと場所が近いので、注意して見てください。

instinct AMBITION 4.5Lにおすすめの距離

このサイズがおすすめのレースは30km前後くらいまでのショートレースで使いやすいサイズかと思います。

スピードレースになるショートレースは腕振りも大きくなりやすいので、背面両サイドがえぐれている構造だと腕振りに干渉しにくく、肩甲骨の可動域の邪魔にもならずストレスを感じにくい作りになっています。

軽くフィット感も高いので真夏のロードのロング走や軽くトレイルに入る時にも使いやすいサイズかと思います。

ご購入はコチラから。

レビューご紹介

INNER-FACT 代表INNER-FACT 代表

INNER-FACT 代表

INNER-FACT代表の首藤(シュトウ)。 一部関西ではくびふじと呼ばれます。 基本的にはトレイルやランはソロでしかやらず、イベントや大会ではエイドなどスタッフ側で参加しています。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


TOP